「食」以外の経験が教養を高め豊かな心を育てます

将来「食のリーダー」として活躍する人材に育てるために、調理だけでなく、食に関する様々な授業を組み込んでいます。

コーヒーの淹れ方&ラテアートを学ぶ

食後を楽しむ至福のひと時。料理の余韻を汚さない為にも最後の最後までおもてなしの心を大切にする。
料理人にとっても、この「ほんのひと手間」の技術力が大切です。

コーヒーの淹れかた。ラテアートを学ぶ
コーヒーの淹れかた。ラテアートを学ぶ
コーヒーの淹れかた。ラテアートを学ぶ
紅茶を学ぶ

紅茶の種類を多く取り入れているレストランは以外にも少ない。
産地を厳選し更に茶葉のもつ味や香りを吟味する力を養うのも料理人として身に付けておきたいこと。
*紅茶のティスティングを学びます。

紅茶を学ぶ
IMG_0182
フラワーアレンジメントを学ぶ

「アーティフィシャル」「生花」の両方を学びます。
料理人にお花の知識?と思う人も少なくないでしょう。しかし、食卓に飾る花のアレンジは料理の邪魔をせず引き立てるものでなくてはなりません。そこで自分の料理を更に美味しそうに演出する花の知識はあって邪魔になるものではありませんね。
色あい、香り、組み合わせ、季節感なども合わせて学習します。

フラワーアレンジメントを学ぶ
フラワーアレンジメントを学ぶ
フラワーアレンジメントを学ぶ
フラワーアレンジメントを学ぶ
氷細工を学ぶ

氷の彫刻は料理人が行うというより、専門職として成り立つものでホテルなどの宴会会場には芸術作品のごとくその存在感を放っています。技術を見学するだけではなく実習も行います。こんな機会でもない限りなかなか経験できない技術です。

氷細工1
氷細工2
氷細工3
陶芸を学ぶ

「器は料理の着物」とまで言われるほど、料理の仕上がりを左右するものです。
器づくりに欠かせない『土』『デザイン性(色、形)』等を学び、実際に土をこねて作品を焼き上げます。
*卒業作品展で自分の器に盛り付ける学生もいます。

陶芸を学ぶ
陶芸を学ぶ
陶芸を学ぶ
日本料理を深く学ぶ

★剥きもの、★鱧を卸す
日本料理を美しく演出するためには、何と言っても包丁さばきが決め手です。野菜の飾り切りや鱧の骨切の技術を学びます。

鱧を卸す
鱧を卸す
その他

フルーツ学、中国茶、ガラス工芸、チーズ学、ワイン講座、カクテル講座、テーブルマナー(西洋・日本)等多くの特別枠授業を組み込んでおります。

テーブルコーディネートを学ぶ
テーブルコーディネートを学ぶ
テーブルコーディネートを学ぶ

「日本調理アカデミー」のオープンキャンパスへ行こう

調理実習の模擬授業を体験できるオープンキャンパスは、毎週土曜日に開催しています。
オープンキャンパスの日程だと都合がつかないという方へは「個別相談会」があります。

東京の調理師専門学校へご入学をお考えの方は、当校の調理師養成科のオープンキャンパスに是非ご参加ください。